ラッキースターボクシングクラブ「今日のラッキースター」

大阪のボクシングジム「ラッキースターボクシングクラブ」の日々是好日な毎日。

タグ:大阪のボクシングジム

今日の金曜日は
レンタルフロアの予約はありません。
練習生の方はいつでも練習できます。

明日の土曜日は
午前8時30分から午前9時30分、
午後6時30分から午後8時、
午後8時から午後10時に
レンタルフロアの予約が入ってます。
練習生の方はそれ以外の時間帯に
練習できます。


今年もジムの忘年会は実施しません。
ここ何年も実施していませんが、
今年は昨年と同じく自粛が必要ですね。

来週から大阪府の飲食店に対する
自粛要請が解除されるそうで、
営業時間の制限や店での飲酒解禁と
なるみたいです。

ただ、大人数での飲食はまだ
やめておいたほうがいいかなと
ジムの忘年会は今年も実施しません。

来年はもっともっとおちつきますように。

大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら

明日の木曜日は
午前10時から午前11時、
午前11時から午前12時に
レンタルフロアの予約が入ってます。
練習生の方はそれ以外の時間帯に
練習できます。

明日の金曜日は
レンタルフロアの予約はありません。
練習生の方はいつでも練習できます。


土曜日のみ勤務頂けるトレーナーを
募集しています。
毎週土曜日の昼12時から午後6時の
勤務となります。

おまかせする仕事は、
練習生や体験入会者へのボクシング指導、
かかってきた電話への応対、
会費やチケット代金等の収受、
コップを洗う、簡単な掃除、などです。

ブログやサイトの更新、経理、
タオルの洗濯はありません。

応募資格ですが、年齢不問、
長期間(年単位)できること、です。
もちろんボクシング経験のある方が
対象となりますが、
指導や試合出場経験はないけど、
長い練習経験があるので
指導できるレベルであると
自己判断できる方は歓迎します。

アマチュア選手経験者歓迎します。
学生の方も歓迎します。


お問い合わせやご応募については、
メールでお問い合わせください。
電話での連絡は一切受付いたしません。
まず、メールでお知らせください。


大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら


今日の水曜日は
レンタルフロアの予約はありません。
練習生の方はいつでも練習できます。

明日の木曜日は
午前10時から午前11時、
午前11時から午前12時に
レンタルフロアの予約が入ってます。
練習生の方はそれ以外の時間帯に
練習できます。


ジムの近くに公園があります。
生国魂神社の隣です。
以前はそこでよく猫を見かけのですが、
ここ数年はめったに見なくなりました。
そういえば野良猫を見ることも少なく、
野良犬にいたっては珍しいくらいです。

私は自宅で猫を飼ってます。
生後1ヶ月くらいの頃にもらい受け、
それから7年超になります。
7歳というと人間でいえば中年でしょうか。

ペットというより家族のような感覚で
いっしょに生活してますが、
時々「もう1匹飼ってもいいかな」と
思うことがあります。
猫の保護団体に深くかかわっている
知人の話によれば、
猫どうしにも相性の良し悪しはあるけど
一方が子猫であればわりとスムーズに
共存するよとのことで、
子猫を探してましたが、
なかなか出会えなかったです。

保護猫の引き取りも考えたのですが、
希望すればすぐに
譲り受けられるものではなく、
あれこれと細かくややこしく
こうるさい審査があるようです。
軽い気持ちで引きとって、
「やっぱり飼えない」と捨ててしまう、
そんな無責任な人もいるのでしょうし、
信じられないことですが、
虐待をする目的で引き取る人も
いると聞いています。

ただ、その厳しい審査が、
覚悟をきめて真剣に猫を引き取りたいと
考える方までシャットアウトしている
こともまた事実でしょう。
猫の殺処分を防止せよ、
飼育先を探せと言いながら、
その反面で飼育希望者に
厳しい審査をして猫を渡そうとはしない、
それってどうなんだと考えてしまいます。

まず審査をゆるくして、
譲渡件数を増やし、
譲渡後の定期連絡、報告などで
その後の状況を把握し、
飼うことを断念したとなれば、
また保護するなどの策をとったほうが
多くの猫を救えるのではないかと思います。


大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら

今日の月曜日は
午後1時30分から3時30分に
レンタルフロアの予約が入っています。
練習生の方はそれ以外の時間帯に
練習できます。

明日の火曜日は
レンタルフロアの予約はありません。
練習生の方はそれ以外の時間帯に
練習できます。


全日本マスボクシング大会のルール、
反則についてですが、
直撃禁止の他、独自の反則があります。
まず「技術を伴わない前進」です。
パンチを打たずに体ごとにじり寄る、
などですね。

次に「故意に打撃を受けに行くような
前進」です。
これは実際にそのつもりがなくても、
そうとられる行為も含まれるでしょう。
ガードを下げて、あごを上げて、
パンチを打たずに体ごと近づく、
などです。

試合やスパーリングであれば、
近づいてくる相手にパンチを当てて
前進を止めることができます。
しかし、マスボクシングの場合、
直撃が禁止されているため
それはできません。

それらの行為はパンチの直撃と同じく
本来のマスボクシングでは
禁止されていることです。
練習の際も気をつけましょう。


大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら


今日の日曜日は
午後6時から8時に
レンタルフロアの予約が入っています。
練習生の方はそれ以外の時間帯に
練習できます。

明日の月曜日は
午後1時30分から3時30分に
レンタルフロアの予約が入っています。
練習生の方はそれ以外の時間帯に
練習できます。


全日本マスボクシング大会ですが、
実施するのは
普通のマスボクシングです。
一切の直撃がないマスボクシングです。
マスボクシングとは直撃をしません。
「軽くなら当ててもいい」
「ボディ(腹)は打ってもいい」など
独自のルールを決めているジムや
大学なども多いのですが、
本来のマスボクシングは
一切相手に直撃をしないことがルールです。

マスボクシング大会の競技ルールで
重要な点をいくつか書きます。
まず、上記のとおり直撃は絶対禁止です。
相手への顔面、体への直撃は禁止、
パンチをブロックしたりさばくなど、
防御動作での腕と腕の接触は
もちろん除外されますが、
故意でなくても直撃は禁止です。
当ててしまった場合は即減点、
さらには失格となります。

つづく

大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら


このページのトップヘ