ラッキースターボクシングクラブ「今日のラッキースター」

大阪のボクシングジム「ラッキースターボクシングクラブ」の日々是好日な毎日。

タグ:一時支援金

今日の金曜日は
レンタルフロアの予約はありません。
練習生の方はいつでも練習できます。

明日の土曜日は
午前8時から11時の間に
レンタルフロアの予約が入っています。
練習生の方は、
それ以外の時間帯に練習できます。


昨日、一時支援金の受給申込における
事前確認機関について書きました。
事前確認を無料でしてくださる機関を
紹介すると書きました。
数件のお問い合わせを頂きましたが、
いくつか気にかかった点があります。

まず、その機関は大阪市内にあります。
支援金事務局のサイトにも
記載がありますが、
対面での確認が必要となるため、
大阪府下や近隣府県の事業者でないと
出向いて確認を受けるのは困難でしょう。

次に「費用はかからないのか」との
お問い合わせですが、不要でした。
ただ、事前確認だけでなく、
書類作成の補助などを依頼した場合は
当然ながら別料金が発生すると思います。

あと、その機関をお知らせすることを
「紹介をする」という感覚でおります。
そのため、その機関から
「なんでこんな人を紹介するんだ」と
思われたくないです。
常識や礼儀のない方を
紹介するわけにはいかないです。
その点はご理解ください。

大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら


今日の水曜日は
レンタルフロアの予約はありません。
練習生の方はいつでも練習できます。

明日の木曜日は
午前10時から11時の間に
レンタルフロアの予約が入っています。
練習生の方は、
それ以外の時間帯に練習できます。


先日、「一時支援金の申込をしたが、
事前確認をしてくれる機関が見つからず
申込ができない」と書きました。
新型コロナウイルスの影響で、
売上が著しく減少している事業者に
支援金を給付する国の制度です。
その申込にあたっては、
国に登録された金融機関、商工団体、
税理士等の士業の方による
事前確認を受けることが必要なのですが、
金融機関は「事業融資取引のある顧客」
商工団体は「会員企業のみ」
税理士は「顧問先のみ」とことごとく
事前確認の依頼を断られました。

そこで、その一時支援金申込ガイドの
サイトに記載されている
「確認機関が見つからない場合はこちら」
の番号に電話をしました。
そこで「積極的に確認を行なっている先」
とされている税理士事務所を3つ紹介され、
すぐに電話をかけたのですが、
いずれも「顧問先のみ受付している」と
一蹴されました。

「話が違う」と
支援金事務局に電話をすると
「こちらの事務局でも確認ができるように
準備を進めている」
「3月下旬、遅くても3月末までには
できるようになる」との
回答をもらいました。
しかし、その後現在に至るまで
そういった告知はまったく出されておらず、
5月の申込締切は近づいています。
もういいわ、そんなものあてにできんわと
取引や顧問契約などがなくても
事前確認を受けてくださる機関はないかと
探したところ、
やっと見つけることができました。

つづく

大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら


今日の土曜日は
午前8時から11時に
レンタルフロアの予約が入っています。
練習生の方は
それ以外の時間に練習できます。

明日の日曜日は
午後8時から10時に
レンタルフロアの予約が入っています。
練習生の方は
それ以外の時間に練習できます。


またまた今日も一時支援金制度の話です。
厚生労働省の相談窓口に再度電話をして
苦情を申し入れたところ、
コールセンターの上席という方が
電話口に出てきました。
その上席者が言うことには、
「3月下旬に新たな相談窓口が設置される」
「その相談窓口で事前確認を受けられる」
そうです。
やはり私と同様に事前確認難民と
なっている事業主が多いようで、
それらの方々の救済措置として
作られるようです。
その事前確認を受けられる相談窓口は
3月下旬にサイトで公開されるそうで、
それまでお待ちくださいと告げられました。

なぜ最初からそのような窓口を
設置しないのかはなはだ疑問です。
金融機関と融資取引がない、
士業との顧問契約がない企業や事業主は
珍しくはありません。
むしろ今は多くなっているでしょう。
それはわかっていたことであり、
その受け皿をあらかじめ
作っておくべきでしょう。

また、事前確認をするにあたって
高額な手数料をとる士業事務所なども
あると耳にします。
それらに対しては事前確認機関としての
資格停止なども検討すると経産省が
伝えていますが、
確認を求める事業主を門前払いする
機関についても、
厳しい罰則を設けてもらいたいものです。

3月8日から始まった
この一時支援金制度ですが、
1日でも早く支給してほしいと切迫した
状況にある事業主も多いでしょう。
この事前確認にかかるタイムラグが
かなり大きくのしかかってくるケースも
多くなっているはずです。

本日現在ではまだ「新たな相談窓口」の
設置はなされていないようですが、
早急な対処を望むところです。

大阪のボクシングジム

ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら


今日の金曜日は
午前10時から12時、
午後2時から3時に
レンタルフロアの予約が入っています。
練習生の方は
それ以外の時間に練習できます。

明日の土曜日は
午前8時から11時に
レンタルフロアの予約が入っています。
練習生の方は
それ以外の時間に練習できます。


そして今日も一時支援金制度の話です。
厚生労働省の相談窓口に再度電話をして
「さっき紹介してもらったところに
 電話したら顧問先以外の事前確認は 
 しないと断られた、話が違う」
「確実に受けてくれる機関を
 紹介してほしい」と申し出ました。
すると
「いや、確実に受けてくれるとは
 限らない」との返答です。
「では事前確認を受けられない事業者は
 一時支援金を受給できないのか」
「うちは実店舗を持ち、
 長期にわたり営業している」
「不正受給防止が目的だろうが、
 そのために正当な請求ができないのは
 おかしいではないか」
「この申込のためだけに必要もないのに
 顧問契約とか団体の入会とか
 しなければならないのか」
「同じような立場の事業者は多いはず」と
抗議しました。
すると「しばらくお待ちください」と
数分の保留の後、上席の担当者が
出てました。

つづく

大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら



今日の木曜日は
レンタルフロアの予約は
入っておりません。
練習生の方は
24時間いつでも練習できます。

明日の金曜日は
午前10時から12時、
午後2時から3時に
レンタルフロアの予約が入っています。
練習生の方は
それ以外の時間に練習できます。

そろそろ4月分の月会費納入を
お願いします。
月末までにお願いします。
自主トレーニング時間帯のみ利用の方で、
スタッフがいる時間帯に
ジムに来られない方は、
振込での会費納入も可能としてます。
振込ご希望の場合は、
メールでご連絡ください。


一時支援金のお話、今日も続きます。

一時支援金の給付申請に必要な書類は
すべて揃えてあるのに、
事前確認ができないため申込ができない
難民のような状態になった私は、
経済産業省の相談窓口に電話をしました。
「事前確認ができない等の相談はこちら」
と書かれてあったからです。
「事前確認をしてくれる機関がなく、
 申込ができず困っている」と伝えると、
「では積極的に確認業務をしている機関を
 紹介いたします」との返答です。
ジムの住所を伝えると、
「その近くで3件あります」と
税理士事務所3件の名前と電話番号を
教えてもらいました。

まず、ジムと同じ局番「6772」で
始まる電話番号の税理士事務所に
電話をかけたところ、いきなり
「うちは顧問先のみ事前確認をしてます」
と一蹴されました。
「経産省から積極的に確認をしていると
 紹介を受けて電話をしたのだが、
 話が違うではないか」と言いましたが、
まったくらちがあきません。
他の2件も同様の対応でした。
話が違うじゃないかと、
再度経産省の相談窓口に電話をかけました。

つづく

大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら



このページのトップヘ