ラッキースターボクシングクラブ「今日のラッキースター」

大阪のボクシングジム「ラッキースターボクシングクラブ」の日々是好日な毎日。

タグ:マスボクシング

マスボクシングでは、
相手にパンチを当てない、
直撃しないことをルールとしています。
当てないようにしてください。
当てないようにするには、
・腕を伸ばしても相手の顔や体に
 当たらないくらいの距離をとる。
・当たらないようにパンチを止める
この2つが必須です。

それらができない、
止めたつもりなのに当ててしまうのは、
・腕の力でパンチを打っている
・上体が正面を向いているため、
 相手に近づきすぎてしまう
この2つが原因であることが大半です。

つまり、当ててはいけないのに
当ててしまう方は、基本の動き、
打ちかたができていないのです。
本来は足から全身をくまなく使って
パンチを打つべきところを、
腕の力でパンチを打ってしまっている、
正しいフォームが身についていないのです。

パンチを当てないように
距離のコントロールができない場合は、
今一度フォームを見直して、
正しく打つフォームを再度練習しましょう。


大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら

うちのジムで行なうマスボクシングは、
「直撃しない」ことをルールとしてます。
これはうちのジム独自のルールではなく、
本来はそのようなものです。

マスボクシングで
相手にパンチを当たるのは、
非常に危険です。
さほど力が入ったパンチでなくても、
当たればケガをすることも多くあります。
うちのジムでも、
マスボクシングでパンチを当てられて
口を切ったり鼻血を出したといった例が
ありますし、全国的にみれば、
入院が必要になる事故や、
死亡に至った不幸な事故の例もあります。
マスボクシングで
直撃のパンチを打たれることは、
試合やスパーリングのそれよりも
ずっと危険性が高くなります。

試合やスパーリングの場合、
双方が緊張感を持っています。
パンチに対する気がまえがあり、
耐性があります。
しかし、マスボクシングの場合、
「当てないもの」との意識があり、
緊張感や耐性が大きく欠けてしまいます。
いわば、気が抜けている状態のところに
直撃をされることで、
ダメージが大きくなるのです。

では、マスボクシングをする際にも
緊張感を持てばいいと考える方も
いらっしゃると思います。
それは少し違います。
スパーリングとマスボクシングは、
その練習目的がまったく違います。
スパーリングは直撃をすること、
されることを含めた
総合的な実戦練習です。
マスボクシングは、攻撃と防御の動き、
形を部分的に練習することが目的です。
動く相手に対して、立ち位置を変えながら
攻撃をする、相手の攻撃をさばきながら
攻撃を返す、その他何らかの練習課題を
決めて動くのがマスボクシングです。
「当てないスパーリング」ではありません。

「このラウンドは相手の攻撃をさばいて、
 即座に打ち返す動きを練習しよう」
「次のラウンドは、左右のステップを使い、
 位置を変えてすぐに攻撃する練習を」
など、ラウンドごとにテーマを決めて
動くことが本来のマスボクシングの
ありかたです。

大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら


マスボクシングやスパーリングをした後、
お互いに感想を述べるといったことを
やってもらうのもいいですね。
アドバイスといったおおげさなものではなく、
相手の動きに対して感じたことを
思うままに語り合う、そんな程度でいいです。
「打った後のガードがおちるから攻めやすい」
「打つモーションが大きいので
 簡単によけらける」といったことから
「打ち終わりに位置を変えるので
 打ち返すタイミングがとれない」
「フェイントを入れてのボディ打ちがいいね」
など、感じたままを言ってあげてください。
いいところ、直したほうがいいところ、
教えてあげるといった感覚ではなく、
こう感じた、こう思ったよといった感想を
そのまま言ってあげればいいです。

実際にグラブを交えた相手との語り合いは
何より有益な時間になります。
お互いにいいところを伸ばし、
欠点と思われる部分を修正し、
高め合うことができれば最良ですね。
マスボクシングやスパーリングをした後、
気軽に声をかけあって、
休憩がてら熱く語り合いをしてみましょう。

大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら

ジムを休館にして1週間が経過しました。
しかし、1週間では日常の変化に
体が慣れないですね。
それは私だけではないと思います。
日常の運動が、これほどまでに生活に
からみついていたとはと少し驚いてます。
運動をしないと、体が不調になるんですよ。

私は平常は、ジムで体を動かす程度で、
あとは運動の習慣はありません。
日中はほとんど内勤です。
ジムでは皆さんに混じって
練習することはなく、
運動量としてはたいしたこともないのですが、
その少しの運動をしなくなっただけで
体調が今ひとつになってます。
生活のリズムが代わったこともあるのですが、
何よりストレスの発散が
スムーズにいかないですね。

練習生の皆さんの中にも、今たぶん、
生活のリズムが乱れてしまっている方も
いらっしゃるのではないかと思います。
早く休業要請が解除されないかと
心待ちにしてます。

ひとりでできることって、
やはりたかが知れてます。
「サンドバッグを打ちたい」
「マスボクシングをしたい」と思う方も
いらっしゃると思います。

5月の連休を終えた後、
またジムで皆さんにお会いできることを
心より楽しみにしてます。


大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら


このページのトップヘ