今日の金曜日は
レンタルフロアの予約はありません。
練習生の方はいつでも練習できます。

明日の土曜日は
午前8時から10時の間、
午後6時から7時の間に
レンタルフロアの予約があります。
練習生の方はそれ以外の時間帯に
練習できます。


うちのジムは、マスボクシングで
相手に直接パンチを当てることを
全面的に禁止しています。
マスボクシングとは、
パンチを当てないようにして行なう
実戦練習で、主に攻防の動きを確認する
目的があります。

「軽くなら当ててもいい」
「ボディ(腹)なら当ててもいい」
それらも認めておらず、一切禁止です。
たとえ軽くであっても当てたいのなら
スパーリングをしましょう。
スパーリングは「全力でフルに」
「お互いに軽く当てる程度で」
など条件をつけて行なうことができます。
直撃したいのであれば、あるいは、
「止めているつもりなのに
当たってしまうんです、不思議だ」
といった方は、
スパーリングをしましょう。
ヘッドギアをつけ、マウスピースをはめ、
「これはスパーリングです、
当ててもいいです」と申し合わせをして
打ち合いをしましょう。

マスボクシングでは一切直撃禁止です。
特に故意にパンチを当てるなどは
どれだけ軽くであっても、
絶対にあってはならないことです。
それは危険行為、迷惑行為です。

マスボクシングの際に「ここあいてる」と
ガードが甘くなったところにパンチを
当ててくる人がいると苦情がありました。
その相手に対して同じことをしていいか、
その相手もすきだらけで、
当てていいならいくらでも当てまくれる、
とのお話なのですが、
もちろん絶対にだめです。
「実力もないのに何をえらそうに」
「同じことをやり返してやる」
と思われる気持ちもわかりますが、
どうぞ抑えてください。
即座にその練習を中止して、
トレーナーに申し出てください。

最悪のケースは、
当てられた側の方が怒って、
「あんたもすきだらけだろうが」と
当て返し、殴り合いが始まることです。
そのようなことにならないように、
故意にパンチを当てるなど、
絶対にしないようにお願いします。


大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら