今日の土曜日は
午前8時30分から11時30分の間に
フロアレンタルの予約が入ってます。
練習生の方はそれ以外の時間に
練習できます。

明日の日曜日は
フロアレンタルの予約はありません。
練習生の方はいつでも練習できます。


今回の緊急事態宣言ですが、
あやふやなこと、わからないことが
やたらに多いですね。
まず「生活必需品を販売する店舗は
休業要請の対象からはずす」ですが、
何が生活必需品なのかがあやふやです。
百貨店は今回休業要請が出されてますが、
食料品売場は除外されてます。
生活必需品だからですね。
しかし、化粧品売場は開けている店と
休業している店とが分かれてます。
化粧品は生活必需品なのかどうか
各社で判断が分かれるためでしょう。
これは「バナナはおやつに含まれますか」
問題よりも深刻で複雑ですね。

また、家電量販店についても、
休業する店と開けている店があります。
これも各社ごとに家電が生活必需品と
なるのかどうかの判断が違うからでしょう。
このあたりの線引きは、
本来は行政がすべきだと思います。

また、「不要不急の外出」についても、
何が必要で、何が不要不急なのかが
あやふやですね。
その判断は個人に委ねられてますが、
食料品の購入、通勤、通学、通院、
このあたりは共通して必要な外出ですね。

しかし、その他については、
人によって必要か不要かの判断が
大きく分かれるでしょう。
たとえば「私はパチンコをしないと
ストレスがたまって健康を害するのだ」
といった方には、
パチンコは必要な外出ですね。
飲酒は自宅でもできますが、
パチンコはパチンコ店でしかできません。
パチンコは法の下で営業を認められており
行くことには何の問題もありません。
パチンコ店に行くことが不要不急かは
個人の判断ということになります。

ジムに行くことを不要不急とするかも
個人の判断ですね。
運動せずに家にこもることは、
体がなまるうえストレスがたまります。
「家の近くを散歩するだけではつまらん」
「家の中に運動するスペースがない」
「家の中で運動したら隣や階下の住人に
 迷惑がかかる」
と考える方も多いでしょう。
ならばやはりジムに行きましょう。

運動することは、ストレス発散、
健康を維持、促進させ、
体内の免疫機能を高めます。
運動をするためにジムに来て下さる
皆さんに安全な環境を用意すべく、
常に換気と消毒とに気をつけてます。


大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら