今日の火曜日は
レンタルフロアの予約はありません。
練習生の方は
いつでも練習できます。

明日の水曜日は
レンタルフロアの予約はありません。
練習生の方は
いつでも練習できます。


今日もまだ続く女子ボクシングの話です。
2012年のロンドンオリンピックから
女子ボクシング競技が実施されることに
なりました。
しかし、2012年のロンドン、
2016年のリオには、日本からの出場を
果たすことはできませんでした。

しかし、今回の東京オリンピックでは
初めて女子選手2人が出場し、
さらには2人とも入賞し、
金・銅のメダルを獲得する快挙を
成し遂げました。

これは日本の女子ボクシング競技の
大きな節目となるでしよう。

ここに至るまでには、
女子ボクシング競技の創始者といえる
女性をはじめ、協力をされた多数の方々、
公式競技となった後に、
競技の育成と普及に努められた
日本ボクシング連盟と各都道府県の
ボクシング連盟、さらには学校やジム等
競技団体の指導者、選手、周囲の方、
数えきれないほどの方々の努力が
あったことを忘れてはならないでしょう。
女子ボクシングを競技として
確立させるための努力と、
競技のレベルをより向上させる努力です。

2人の選手のたゆまぬ努力に加えて、
長年にわたるそれらの努力が、
今回のメダル獲得に
つながったものと考えます。

しかし、そのコメンテーターの言葉は、
その快挙、栄誉、そしてすべての
関係者の思いに軽々しくキズをつける
ことになったのです。

つづく


大阪のボクシングジム
ラッキースターボクシングクラブの
メインサイトはこちら